技術者の転職は話し合いから始めます

技術職の転職というのは、多くの場合に引き抜きということが少なからずあります。
その人の持ち合わせている技術が、企業にとって必要だったり、そしてその分野の指導者としても誘われることもあります。
飲食店では料理長などをやっている人では、他の企業やお店から、高待遇で迎えられることもありますし、何よりも給料面や人間関係によって、新しい生活をしたいと思っている人は、たくさんいるということです。
少しでも自分にプラスになるような行動をすることです。
自分にプラスになる行動とは、裏切るようにヘッドハンティングされたから、といって他の会社へと行かないことです。
しっかりと話し合いの場を持ち、自分の会社との契約上のことや話し合いで、円満に解決することがあるからです。
だまって違う会社へと行くことになると、それは業界のタブーをしてしまうことになりかねませんので、技術者というのは安易な転職をしない方が無難だといえます。
人は、感情の生き物ですから、一時の感情で決めないことです。